幼児連れでドイツ旅行 古城ホテル宿泊編 その①


幼児連れでドイツ旅行体験記、今回は古城ホテル宿泊編です。

ドイツ旅行で人気の「古城ホテル宿泊」ですが、幼児連れで実現できるのか...結果を先にお伝えすると、できます!多少のコツはありますが、今回選んだ古城ホテルは子供にも優しく、とても良い時間を過ごすことができました。


 

今回選んだ古城ホテルはアウフシェーンブルク城。ライン川沿いに並ぶ古城ホテルの中でもクラシカルで洗練された雰囲気は抜群。

今回はバルコニーからライン川がのぞめる部屋だったので、初めて見る大きな川の流れや行き交う船に子どもも大興奮していました。

ライン川の眺望を見せたいと思いながらも旅行時期が11月だったため、リューデスハイムのケーブルカーやボッパルトのチェアリフトなどは運休。そのため、お部屋から眺望を眺められたのはとても良かったです。

 

予約時に子どもの年齢(2歳)と伝えていたからか、簡易ベビーベッドも部屋に備え付けてくれていてその心遣いにも感激しました。

 

古城ホテルは高台にあるため、最寄りのOberwesel駅から坂道を登る必要があります。けっこうな距離と傾斜がありますので徒歩では困難。駅到着時にホテルに電話をしてタクシーを呼んでもらう方法もありますが、混み具合によっては15分ほど待つこともありますし、チャイルドシート付きのタクシーを頼む必要もあるので少し不安です。

でも、ドイツエクスプレスのツアーなら送迎車もしくはガイド付き専用車で駐車場までご案内しますのでご安心ください!

 

駐車場からホテル入り口までも少し歩くことになりますが、ガイド付きの場合はフロントでのお手続きまでお手伝いさせていただきますのでさらに安心。夕食時間や場所の説明、ご希望があればお部屋までご案内させていただきます。

なお、ホテルにはエレベーターがないため、部屋へはらせん階段などの狭い階段を登ることになります。古城ホテル宿泊のコツとして荷物は最小限にされることをおすすめします(プランニングの際にご相談ください)。

 

さて、アウフシェーンブルク城の宿泊プランは夕食付きです。おしゃれな雰囲気の中でのコースディナー、子連れでも無事に楽しめるのでしょうか。

夕食のレポートはまた次回させていただきます。

 

春になり、冬の間は休業中だった古城ホテルもオープンの時期を迎えました。これからのベストシーズン、古城ホテル滞在をおすすめします! 






ドイツエクスプレス
ドイツエクスプレス

  • ドイツ旅行
  • 子連れ
  • 古城ホテル