よくある質問
飲食店やタクシー利用時はチップが必要です。チップは10%程度といわれますが、請求合計金額から端数分を繰り上げて、切りの良い金額にして支払うのが一般的です。 ただし、チップはあくまでも気持ちですので、良いサービスをしてもらったと感じたら上記より上げてもいいですし、逆に良いサービスを受けられなかったと思ったら必ずしも必要ございません。また、ドイツでは基本的にホテルでの枕チップは必要ございません。トランクのポーターサービスやルームサービス等、特別なサービスを受けた場合のみ、お心付けで€1程度のチップをお渡しいただきますようお願いいたします。
電圧は230ボルト/周波数は50ヘルツです。この電圧に対応していない日本の電気製品を使用する際は、変圧器が必要です。最新の携帯電話やカメラの充電器は、変圧器は不要の場合が多いですが、髭剃りやドライヤーなど小型電化製品は変圧器が必要な場合も多いので、製品の表示をお確かめくださいませ。差し込みプラグは、C・SEタイプをご用意ください(Cタイプが一般的です)。
8時間です。日本が14時ならドイツは朝の6時です。 ※3月の最終日曜日深夜2時(3時に進む)~10月の最終日曜日深夜3時(2時に戻る)はサマータイム期間となり、時差は7時間です。
現地到着後に両替所を探す手間を考えますと、出発までに日本で両替されることをお勧めします。銀行や郵便局、両替所、日本各地の空港で両替いただけます。両替レート、手数料はご自身でご確認ください。 *ドイツではスーパーやレストラン、ホテル、観光施設などほとんどの場所でクレジットカードでのお支払いが可能です。ただし、小さなカフェや売店、市場でのお買い物など現金が必要な場面もございますので、ある程度は現金もご用意いただくと安心です。
都市によっても異なりますが、気温は基本的にどの季節も東京の平均気温より5度程度低いです。夏の晴れた日の最高気温は30度を超える日もあり、日中は半袖でお過ごしいただけますが、朝晩や、天候が悪い日は冷え込むこともございますので、夏場でも薄手のカーディガンやパーカー、ジャケットなどの上着は必ずお持ちください。ヨーロッパは日差しも強いので、日焼け止めクリームやサングラスなど日焼け対策グッズもご用意くださいませ。秋の訪れは早く、9月になると気温が下がり、朝夕の冷え込みも厳しくなります。冬は、外は寒いですが、室内はとても暖かいので脱ぎ着しやすい服装がおすすめです。また、ヨーロッパは天候が変わりやすいので、折り畳み傘や雨具の携帯も強くおすすめいたします。必要以上に着飾ったり、高価なバックなどを持ち歩くと盗難に遭う原因にもなりますので、ご注意ください。
ヨーロッパ内では比較的犯罪の被害件数が少なく治安のよい国ですが、油断は禁物です。特に大都市(フランクフルト、ベルリン、ミュンヘンなど)の人が集まる場所では観光客を狙ったスリも多発しておりますので、注意が必要です。夜間1人で市電や地下鉄には乗らないようにしてください。また、夜道・人通りの少ない通りの女性の一人歩きは避け、不用意に駅の回りをぶらぶらしないようにしましょう。


私たちのポリシー
お問い合わせからご帰国まで
お問い合わせ




ヨーロッパを深く旅をする ユーロエクスプレス
オーダーメイドツアー"
Let's socialize




iata/jata
 03-6261-6437
株式会社ユーレックス
〒102-0073
東京都千代田区九段北1-6-4
日新ビル3階

© 1981-2018
All Rights Reserved.