ワーグナーの夢に浸る 2019年『バイロイト音楽祭♪』鑑賞ツアー手配を始めました!!


バイロイト祝祭劇場 Bayreuth Festspielhaus

ドイツの生んだ楽劇王リヒャルト・ワーグナー。『バイロイト音楽祭』は、バイエルン王ルートヴィヒ2世の支援の下、ワーグナー自身が作った『バイロイト祝祭劇場』でワーグナーのオペラを上演する音楽祭です。祝祭劇場はワーグナーの理想、音色重視の劇場なので、壁や床、椅子が全て木で出来ています。煌びやかさはありませんが、世界中からの熱烈なファンで毎年、全公演早々に満席になります。


 幻の音楽祭『バイロイト音楽祭』🎵

10年待っても、チケットを手に入れられるか分からない…。幻の音楽祭と言われていた『バイロイト音楽祭』。
 会員優先に販売され、一般に出回るチケット枚数も僅かなことから、音楽祭史上において最難関とまでいわれていたバイロイト音楽祭ですが、数年前に主催社側が販売方法を変更したことにより、一般に出回る量が増え、チケット入手のチャンスがぐっと上がりました!

この貴重な『バイロイト音楽祭』で、ワーグナーのオペラを鑑賞しませんか?良いカテゴリーから早々になくなっていきますので、お早目のご検討をオススメします。

 

2019年は7月25日に開幕、8月28日まで上演されます。音楽祭の開幕を飾るのは新作の『タンホイザー』。指揮はバイロイト音楽祭デビューを果たすワレリー・ゲルギエフです。8月28日最終日は『トリスタンとイゾルデ』で閉幕します。
*ニーベルングの指環4部作(ラインの黄金、ワルキューレ、ジークフリート、神々の黄昏)は2020年に新作が予定されてるので、2019年も上演はございません。

【2019年公演日】全32公演
『タンホイザー』(全6公演)7月25日(プレミア公演)7月28日, 8月13, 17, 21, 25日

『ローエングリン』(全7公演)7月26, 29日, 8月3, 7, 11, 14, 18日

『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(全6公演)7月27, 31日, 8月6, 10, 24, 27日

『パルジファル』(全7公演)7月30日, 8月2, 5, 15, 19, 22, 26日

『トリスタンとイゾルデ』(全6公演):8月1, 9, 16, 20, 23, 28日 

*休演日は8月4日(日)、8月8日(木)、8月12日(月)。完売情報はドイツエクスプレスのホームページにて随時更新いたします。

ドイツエクスプレスでは、バイロイト音楽祭のツアーを7日間、5日間、4日間と3種類ご用意いいたしました。ミュンヘンの街散策・日本語ガイド付きなど魅力溢れる内容となっております。是非ご覧下さい。

2019年 ワーグナーに浸る夏♪ 夢の【バイロイト音楽祭】7日間 ~鑑賞チケット付き~
2019年 ワーグナーに浸る夏♪ 夢の【バイロイト音楽祭】5日間 ~鑑賞チケット付き~

2019年 ワーグナーに浸る夏♪ 夢の【バイロイト音楽祭】4日間 ~鑑賞チケット付き~

こちらのツアー以外もアレンジ請け賜ります。お気軽にお問い合わせくださいね。


 Richard Wagner 1813 - 1883
2019バイロイト音楽祭公式HPはこちら 英語








ドイツエクスプレス
ドイツエクスプレス

  • 2019バイロイト音楽祭
  • 2019バイロイト音楽祭
  • ワーグナー