【ベルリン発着】ザクセンハウゼン強制収容所日帰り観光


ナチス・ドイツによってベルリン郊外の町、オラニエンブルクに建設されたザクセンハウゼン強制収容所。
当初は政治犯を収容するために建設された同施設ですが、後にユダヤ人や各地の占領地で逮捕した者も続々と送り込まれ、1936年から1945年までの間に、20万人以上の人がここザクセンハウゼンに収容され、強制的に労働をさせられた場所です。そして数多くの拷問や殺戮、餓死などで多くの人間がここで亡くなりました。

そんなザクセンハウゼン強制収容所は、ベルリンから電車とバスを乗り継いで約1時間ちょっとの場所にあります。
強制収容所の入り口には、アウシュビッツ強制収容所にもある「ARBEIT MACHT FREI (働けば自由になる)」のスローガン。




広大な敷地には、収容棟、病理棟、処刑場などあらゆる施設がナチス・ドイツの負の遺産として一般公開されています。

この地で行われた残酷な歴史を、知識豊富な日本語ガイドがご案内します!
是非ご自身の目で確かめてみてください。

ベルリンから、ちょっと足を伸ばして、負の遺産を体験してみてはいかがでしょうか。

【ベルリン発着】ザクセンハウゼン強制収容所日帰り観光

■催行曜日: 月曜日をのぞく毎日
*お問い合わせいただいてからガイドの空き状況を確認します。







ドイツ旅行の専門店 ドイツエクスプレス
ドイツエクスプレス

  • ベルリン
  • 日帰り
  • オプショナルツアー
  • ザクセンハウゼン強制収容所
  • ナチス