現代建築の立ち並ぶお洒落エリア☆メーディエン・ハーフェン


デュッセルドルフの旧市街からライン川に沿って南に行くと、「メーディエン・ハーフェン」(メディア・ハーバー)と呼ばれるエリアがあります。

かつての港湾用地がメディア地区として再開発され、マスメディアやアパレル、デザイン関係のオフィスの他、お洒落なレストランやカフェ、クラブなどが集まる人気エリアに変貌しました。

なかでも目を引くのが、アメリカの人気建築家フランク・ゲーリー(Frank O. Gehry)が設計したノイアー・ツォルホーフ(Neuer Zollhof)という3つのアシンメトリーなビルで、メディエンハーフェンのランドマークとなっています。



その他、上階がせり出しているビルや、外壁にカラフルな人が いっぱい張り付いた建物などが立ち並び、建築ファンならずとも 歩いているだけで楽しめます♪




夜景も美しく、ミシュランの星を獲得したレストランなどもあるので、ロマンティックな夜にも◎。




現代建築の宝庫、そして人気レストランやカフェが集まるメ―ディエンハーフェン、是非訪れてみては如何でしょうか。









ドイツ旅行の専門店 ドイツエクスプレス
ドイツエクスプレス

  • デュッセルドルフ
  • 建築
  • メ―ディエンハーフェン
  • 夜景
  • ライン川