ドイツの春の味覚・シュパーゲル


いよいよ長い冬も終わりを告げ、待ち遠しい春が訪れようとしています。
日本で春の味覚といえば、タケノコや山菜でしょうか。ドイツで春の味覚と言えば、Spargel=シュパーゲル(アスパラガス)
 
日本でアスパラガスといえばグリーン。でも、ドイツでは白アスパラが一般的です。
 
シュパーゲルが楽しめる期間は短く、4月中旬から出始め、6月24日で出荷時期は終了します。
シュパーゲルが出回ると、いよいよ春の到来!この短い時期を逃さないよう、みんなせっせとシュパーゲルを食べます・笑。
 
この期間、ドイツのレストランでは、Spargelcremesuppe(シュパーゲルのクリームスープ)や、Spargel mit Sauce Hollandaise「シュパーゲルのホランデーズソースかけ」などのシュパーゲルメニューがでます。
また、家庭で料理する人も多く、シュパーゲル専用のピーラーや、長いシュパーゲルが立てたままゆでられるこんなシュパーゲル専用鍋もあるんです。
 
この時期シュパーゲルの産地では、シュパーゲル狩りができるところも多く、シュパーゲル堀りを体験した後、隣接のレストランで採りたてのシュパーゲル料理を味わうことができるなど、至る所でシュパーゲルを堪能できます。
 
季節限定のシュパーゲル、本当に、とってもおいしいのでぜひこの時期ドイツに行く方は食べてみて下さい。
この季節のドイツはお花もとてもきれいですよ。

シュパーゲルを堪能するツアーもご用意しています♪
旬を味わう!白アスパラ街道と新緑のライン川 4日間







ドイツ旅行の専門店 ドイツエクスプレス
ドイツエクスプレス

  • シュパーゲル
  • 白アスパラ
  • アスパラガス